いばらき障害者生活サポート協会
     

いばらき障害者生活サポート協会規約  

(目的)

1条 この会は、全国知的障害児者生活サポート協会に所属し、知的障害児者及び自閉症障害児者(以下「障害者」という。)とその保護者の生活の安定と福祉の増進に寄与することを目的とする。

(名称)

第2条 この会は、いばらき障害者生活サポート協会という。

(事務所)

第3条 この会の事務所は、水戸市千波町1918茨城県総合福祉会館内に置く。

(事業)

第4条 この会は、第1条の目的を達成するために次の事業を行う。

(1)障害者の日常生活に関わる相談・支援に関する事業

(2)障害者の就労に関わる相談・支援に関する事業

(3)障害者の権利擁護に関する事業

(4)入院に要する諸費用の補助に関する事業

(5)その他第1条の目的を達成するために必要な事業 

(会員)

第5条 この会の会員は、原則として一般社団法人茨城県心身障害者福祉協会(以下「心身協」という。)に所属する施設の利用者(身体障害児者を除く。)及び保護者並びに茨城県手をつなぐ育成会(以下「手をつなぐ育成会」という。)の会員で会費を拠出した者とする。ただし、保護者等のいない施設の利用者は、成年後見人等が申込を代行する。

 2 茨城県内に在住する心身障害児者(身体障害児者を除く)の保護者又は本人で、第1項に該当しない者は、申請に基づき理事会の承認により会員となることができる。

(役員)

第6条 この会に次の役員を置く。

(1) 理事7名(理事長1名、副理事長1名を含む。)

(2) 監事2

(役員の選出)

第7条 理事は、次のとおり関係団体から選出し、総会の承認を得る。

(1)心身協の知的障害者福祉部会・・・5名

   身体障害者福祉部会・・・ 1

(2)手をつなぐ育成会・・・・ 1

2 理事長及び副理事長は、理事の互選により選出する。

3 監事は、理事会において委任する。

4 理事及び監事は、相互に兼ねることができない。

 

(役員の職務)

第8条 理事は、理事会を構成し、会務を執行する。

2 理事長は、この会を代表し、会務を統括する。

3 副理事長は、理事長を補佐し、理事長事故あるときはその職務を代行する。

(役員の任期)

第9条 役員の任期は、2年とする。ただし、補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 役員は、再任されることができる。

(顧問)

第9条の2 この会に顧問を置くことが出来る。

2 顧問は、学識経験者の中から理事会の同意を得て理事長が委嘱する。

3 顧問は、理事会及び総会に出席して意見を述べることができる。

(職員)

第10条 この会の事務を円滑に処理するため事務局を設置し、事務局長以下職員を若干名置くことができる。職員の待遇、事務執行については、細則にてこれを定める。

2 職員の任免は、理事長が行う。

(給付審査委員会)

第11条 削除

(支部)

第12条 この会は、原則として 施設ごと、育成会ごとに支部を置き、各支部は所定の用紙により事務局に届け出て支部登録を行う。これ以外に支部を置くときは理事会の承認を要する。

2 支部には支部長を置き、その氏名を事務局に報告する。

(会議)

第13条 会議は、総会及び理事会とし、総会は通常総会及び臨時総会とする。

(総会)

第14条 総会は、理事長が招集する。

2 総会は、施設の利用者にあっては当該施設の家族(以下「家族会等」という。)の代表者、手をつなぐ育成会にあっては支部長(以下いずれも「代議員」という。)及び理事が出席して行う。

3 通常総会は、年1回とする。

4 臨時総会は理事会が必要と認めたとき、又は代議員総数の5分の1以上から会議の目的たる事項を示して請求があった時に召集する。

(委任)

第15条 代議員がやむを得ず総会に出席できない場合には、次に掲げる者に次の順番で委任することができる。

(1)代議員に代わるべき地位にある者(例 当該施設家族会の副会長、当該地域育成会の副会長)

(2)施設の家族会等にあっては、当該施設の支部長

(3)当協会の理事長

2 理事がやむを得ず総会に出席できない場合には、当協会の理事長に委任することができる。

(総会の会議)

第16条 総会の議長は、出席者の中から選出する。

2 総会は、理事及び代議員の総数の2分の1以上の出席により成立する。

3 総会の議決は、この規約に別に定めるもののほか、出席者の過半数の同意により決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(総会の権能)

第17条 総会は、次の事項を議決する。

(1)事業計画の決定

(2)事業報告の承認

(3)本会規約の改正

(4)理事の承認

(代議員の変更)

第18条 施設の家族会等及び手をつなぐ育成会は、代議員に変更があった場合には、速やかにその氏名を事務局に届け出るものとする。

(理事会)

第19条 理事会の任務は、この規約に規定するもののほか、次のとおりとする。

(1)総会の議決した事項の執行に関する事項

(2)総会に付議すべき事項

(3)その他総会の議決を要しない会務の執行に関する事項

 

2 理事会は、必要に応じて理事長が召集する。

3 理事会の議長は、理事長が当たる。

4 理事会は、理事の2分の1以上の出席がないと成立しない。

5 理事会にやむを得ない事由により出席できない場合は、理事長若しくは副理事長、または、代理人に表決を委任することができる。この場合において、前項の規定については、会議に出席したものとみなす。

(理事会における会議の議決)

第20条 理事会における会議の議事は、理事の過半数の同意をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(議事録)

第21条 総会及び理事会の会議の議事については、議事録を作成しなければならない。

2 議事録には議長及びその会議で選出された議事録署名人2名が署名しなければならない。

(会計)

第22条 この会の資産は、理事長が管理する。

2 資産のうち現金は金融機関に預け入れ、又は国債、公債その他確実な有価証券に換えて保管する。

(経費の弁済)

第23条 この会の経費は、会費及び資産から生じる収入又は他の収入をもって支弁する。

(予算)

第24条 (削除)

 

(会計年度)

第25条 この会の会計年度は、毎年41日に始まり翌年331日に終わる。

(規約の変更)

第26条 (削除)

 

 

(解散及び残余財産の処分)

第27条 この会は、総会において出席者の3分の2以上の同意を得て解散し、残余財産を処分する。                                                                                   

(会報の発行)

第28条 この会の運営状況については、原則として年1回以上会報を発行し、会員に配布する。

(運営規約)

第29条 この規約の施行について必要な事項は、理事会がいばらき障害者生活サポート協会運営規約で別に定める。

 

 

付 則

 この規約は、平成1641日から施行する。

付 則

 この規約は、平成1841日から施行する。

付 則

 この規約は、平成18121日から施行する。

付 則

 この規約は、平成1941日から施行する。ただし、平成19331日までに特定保険業者として引受を行った共済事業の給付にかかる業務については、法令上認められた時又は所管の行政庁から承認のある時まで継続して行う。この間,下記条項を適用する。

(1) 適正かつ公平な給付の確保を図るとともに、給付事務を円滑に行うため、この会に給付審査委員会(以下「審査委員会」という。)を置く。

(2) 審査委員会は事務局長を含め5名以内で構成し、原則として心身協から2名、手をつなぐ育成会から1名、株式会社ジェイアイシーから1名とし、委員長は心身協選出の委員が就き、理事会で承認を得るものとする。

(3) 審査委員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(4) 審査委員会は、事務局長の招集により原則として毎月1回開催し、給付申請等の審査を行う。ただし、大災害や疾病の蔓延などにより給付金の請求額が多額になった場合については別途定める。

付 則

 この規約は、平成19年6月11日から施行する。

付 則

 この規約は、平成20年4月1日から施行する。

付 則

 この規約は、平成21年4月1日から施行する。

付 則

 この規約は、平成24年6月30日から施行する。

付 則

 この規約は、平成26年6月28日から施行する。

付 則

 この規約は、平成30年6月13日から施行する。